睡眠

起床時間を3回唱える@目覚まし時計が不要に!

2016/09/19

すごいこと聞いちゃったりぽぅです。
てか、知らなかったのりぽぅだけ?

寝る前に起きる時間を3回唱えると、自然にその時間に目が覚めるんだって。
声に出しても出さなくてもいいらしい。目覚まし時計いらなくなるらしい。
これを自己覚醒法というそうだ。

自己覚醒法とは

ポイントになるのはコルチゾールという物質。
コルチゾールは起床時間の3時間前から分泌されだして、
量がピークに達すると自然に目が覚める仕組みらしい。
起床時間を3回唱えることによって、コルチゾールの分泌開始時間を
自分で設定するのが自己覚醒法なのだ。

押さえておくポイント

大事なのは
●同じ時間に起きること(生体リズムを整える)
●90分単位で寝ること(レム睡眠のサイクルに合わせる)
●寝る前に起床時間を3回唱える(プログラミング♪)

自己覚醒法やってみた!!!

さっそくやってみた。
寝不足は辛いから90分×5サイクル=7時間半で設定。
「7時に起きる、7時に起きる、7時に起きる」
23時30分に就寝☆

結果は・・・・・っ

なんとまぁ、目覚めスッキリ!!!
お目目のちっさなりぽぅだけど、なんかぱっちりな感じ!
自然に目が覚めるのってこんなに気持ちいいことなんだ・・・・・

目覚まし時計で起きると生体リズムもレム睡眠サイクルも狂ってしまうから
ダル重で集中力に欠けたスタートになるわけね。
これは迷わず日課に取り入れよう。

睡眠は脳の情報処理の時間だという。
これについてはまたブログに書くよ。

-睡眠
-